T O P > 納骨費用

納骨費用

故人との最後のお別れ、それが納骨です。
納骨、つまりは骨を納める。
それは葬儀と呼ばれる礼式の中でも特に大事なものだったりするのですが、この納骨というのは少々癖のあるものだったりするのです。
というのは、故人の宗派によってその形式は異なるものだったりするのです。
仏教かキリスト教か。
まずはその部分で納骨の方法そのものまでもが変わってきますので、納骨を行う際には、故人の宗派を理解しておかなくてはならないのです。
そして、当然ですがその宗派によって費用も変わってくるのです。
キリスト教の場合ですと、僧侶に謝礼を渡すのみで、その目安も一万円前後だったりしますので、そこまで高額なものではないのです。
しかし、仏教となると話は別です。
仏教というのは我が国に古くから伝わるものです。
ですから、伝統とも言うべき礼式があります。
その費用はお布施という名目になるのですが、数万円程度が一般的です。
中には十万円程度の場合もあるようですが、それを僧侶に渡すのが納骨での費用の目安という事になります。
また、それだけではなく、御膳料。
つまりは食事代なんかも必要になってきたりしますので、仏教の場合はそこそこ費用がかかると覚えておくべきでしょうね。