pixta_4317617_M

マイナス金利は失敗だったのか、5つの角度から考える

1月29日に日銀からマイナス金利政策が発表されました。様々な意見がありましたが、その後株価は下落傾向。一部からは「失敗だったのではないか」との声が聞かれています。株価だけのためにマイナス金利を実施している訳ではないとはいえ、やはりあまり良い印象ではないのかもしれませんが、ではマイナス金利は失敗だったのか。まだまだ評価する段階ではないとはいえ、いろいろな角度から考えてみるとしましょう。

・付いていけない人が多かった可能性

マイナス金利政策そのものは欧州などでも導入されているものであって、決して日銀独自のものではありません。ですが、そもそも一体どのようになるのか。日本では初めて導入された事なのですから、不安に思う人がいて当然です。

金融市場としても、どのような形になるのかまだまだ予想さえ出来ていないので、そのような時にはリスクを冒すのではなく、安定志向に入るので株を売る人の方が多いのでしょう。どうなるか分からないのに株を持っていたら、それだけで損になる可能性がある以上、売り注文が増えるのは致し方ない部分です。

・他の銀行の思惑

日銀としてはマイナス金利を導入する事で、市場にお金を回したいとの意図があったであろう事は明白なのですが、他の銀行からするとお金を回すリスクよりも、金利を下げて利益を確保しただけになってしまいました。

国民気質を考えた時、日銀が意図していた市場へのお金の転換を図るのであれば、国民気質を考慮し、マイナス金利を更に進めるしかないでしょう。他の銀行としても、国民相手にマイナス金利は出来ないでしょうから、そこまでくればさすがに「お金を貸して利益を得なければ」と思ってくれるはずですが…。

・他の銀行がマイナス金利にする可能性

さすがにこれをしていては国民はお金を預ける必要がなくなりますので、さらに日本経済は混乱するでしょう。金融市場だけではなく、お金そのものが回らなくなります。

地方銀行などがお金を貸さないのが悪いとの声もありまが、
一方で銀行にお金を貸してもらいたいと思っている企業が少ないのも事実です。まさに「劇薬」と称されているように、マイナス金利のおかげでいろいろな所に「余波」が起きているのです。

・民間への影響

今すぐに民間に影響が出る訳ではないのですが、じわりと影響が出てくるであろう事は明白です。特に銀行がどうなるのかは、我々の生活の根幹の部分です。仮にですが、銀行がもしも利益を出せず、マイナス金利をとなった時、貯金していても意味がなくなるのですから箪笥預金にしていた方が良いでしょう。

その場合、各家庭でお金を管理する事になるのですからまず治安の悪化が叫ばれるでしょう。また、銀行にお金がなくなりますので、銀行が本当にお金を貸せなくなってしまいます。
するとどうなるのかと言えば、本当にお金を貸してもらいたいと思っている所にお金が行き届かなくなります。つまり、社会そのものが「詰まる」ような状況となってしまうのです。

・いつまで続くのか

マイナス金利はこれから永遠に続けられるものではありません。ですが、いつまで続くのかは明言されていません。市場の状況を見ながらになるのは言うまでもないのですが、今回のマイナス金利導入のように、多くの人が意図をしっかりと理解していなければ、ただの「劇薬」で終わってしまいます。

金融市場に関しては、行政と民間が一体となって取り組まなければならないだけに、マイナス金利に関しては少々刺激が強すぎたという声も分からなくはありませんね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP