pixta_18544945_M

マイナス金利政策で何が変わるのか、5つのポイント

1月29日、多くの金融関係者が驚いたのではないでしょうか。そうです、マイナス金利です。日本銀行の黒田総裁からマイナス金利が発表されました。
「マイナス金利」と言われてもよく分からない人が多いかと思いますが、どの金融機関も日本銀行に当座でお金を預けています。その際、利息が発生していますので、日本銀行は各金融機関に金利分の利息を支払っていました。
ですがマイナス金利です。これまで預けて利益になったいたものの、これからは日本銀行に預けていると赤字になるのです。0.1%ですから手数料程度と割り切る金融機関も多いとは思いますが、今後はどのようになるのか。
マイナス金利が持つ特徴を含めていろいろと挙げてみるとしましょう。

・お金が回るようになる?

銀行を含め、金融機関がどのように利益を挙げられるのかといえば、お金を貸して金利分の利息を得る点です。これが金融機関のビジネスモデルです。
金利を設定している所は基本的にこのモデルです。ローンもこれに当たりますが、経済状況から、お金の貸し手がいないので、それなら日本銀行にと考えていた所が多かったのです。
借りてくれる企業がないのであれば、企業に貸すほどではないものの、とりあえず日本銀行に預けておけば利益にはなりますから。ですがこれからはそれで利益になりません。
つまり、これからいわゆる「貸し渋り」が減るかもしれません。日本銀行としてもそこに期待しているのです。

・貸し渋りがなくなってもらいたいい

日本銀行が各金融機関にお金を預けてもらい、利息を払う。適正価格であれば良いのですが、日本銀行とて借りてくれる相手がいないのですから他の金融機関に支払うお金は出費になってしまいます。
それを防ぐために政府が国際としてそれを購入する。これが度々マスコミで報道されている「国民の借金」なるものの正体でもあるのですが、マイナス金利になればそのような事が軽減されます。
各金融機関からすれば「リスクのある所に貸すくらいなら日本銀行に」といったものでした。ですが日本銀行に預けたらこれからはマイナス、つまりは利益にならないのですから、それならという事でそれまでであれば渋っていた所にお金を貸してくれるかもしれません。

・銀行の営業努力が始まる

それまで銀行は、先にも言いましたが無理にリスクを負って借す必要ありませんでした。なぜなら「日本銀行に」といういわば保険があったからです。
返ってこないで焦げ付かせるかもしれないリスクより、日本銀行に預けてしまえば最低限の利益にはなりました。ですがこれからはそれが出来ないのです。
それまで銀行は、日本銀行という保険があったがために「別に無理に貸す必要はない」といったスタンスでした。ですがこれからは日本銀行以外に貸さなければ利益が出ません。
金融機関側からすると、保険がなくなったのですから、これからは「借りたいの?」というスタンスだったのが「借りませんか?」になるのです。

・変わらない現実もある

一方で、まだまだそこまで変わらないだろうとの声があります。銀行が貸し渋っているという現実はありますが、何よりお金を貸してもらいたいと思っている所そのものが少ないのです。
金融機関としても、日本銀行が保険となっていたのは事実ですが、「誰も借り手がいないから日本銀行に」という側面がありました。
いくらマイナス金利で銀行側がお金を貸したいというスタンスになった所で、現在の景気情勢ではまだまだ「お金を借りて設備投資などをして」といったニーズそのものが増えた訳ではありません。

・マイナス金利が加速する可能性も

マイナス0.1%程度であれば金融機関からすると「リスクなる預ける手数料」程度です。ですがこれで日本銀行が期待するような効果が出ないとなったらさらにマイナス金利が加速していくかもしれません。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP