pixta_13320195_M

金利がマイナス0.1%に!? ローンは一体どうなるの?

2016年1月29日、日本銀行が「マイナス金利政策」を取ることを発表しました。
でも、マイナス金利政策って、一体なんなんでしょうか?
マイナス金利政策の内容と、実際の私たちの生活にどんな影響があるのかについてご紹介します。

マイナス金利とは

マイナス金利というのは、その名の通り、金利がマイナスになることです。
今、100万円の車をローンで買って、1年後に一括でそのお金を返したとします。
金利が5%だったとしたら、1年間で5万円の金利を支払うことになりますよね。
ところが、この金利がマイナス5%だったら、どうなるでしょうか。なんと、お金を借りているのに、1年後に5万円がもらえる、という逆転現象が起こるんです。

もちろんこれは預金でも同じで、100万円を1年間、1%の金利で預けると、税引き前の利息は1万円になります。
しかし、マイナス1%の金利で預けた場合は、反対に1万円を取られてしまうというわけです。

日銀のマイナス金利政策とは

マイナス金利政策が取られることが決まったからといって、「大変! 今すぐ銀行からお金を下ろして来なくちゃ!」「お金を借りられるだけ借りた方がいい?」と慌てる必要はありません。
何故なら、「日本銀行」にお金を預けている個人は誰もいないからです。
日本銀行は、都市銀行や地方銀行からお金を預かる、いわば「銀行のための銀行」です。
普通の個人が使う、都市銀行や地方銀行、信金、農協などがマイナス金利になるわけではありませんから、今すぐ直接的な影響が出るわけではないのです。

では、「日銀がマイナス金利になる」というのは、どういうことなのでしょうか。
日銀の金利がマイナスになると、各銀行が日銀に預けておくお金に利息が付かず、反対にお金を取られてしまう、ということになります。
すると、銀行は「なるべく日銀にお金を預けないほうがいい」ということになりますよね。
そうすると、銀行はお金を預けておくのをやめて、積極的に貸し出したり、運用に回したりするようになります。
このことから、いわゆる「死に金(使われずにただ預けてあるお金)」がなくなり、市場が活発になって景気が良くなる、という効果が見込めるのです。
これが、日銀の「マイナス金利政策」の狙いです。

マイナス金利政策はいいことだらけ?

景気回復のために行われるマイナス金利政策ですが、良いことばかりではありません。
短期的にはお金が回って良いかもしれませんが、長期的になると、銀行がお金を常に動かし続けなくてはならず、疲労がたまっていってしまいます。
また、無理にお金を貸し付けると、返済できずに倒産してしまう企業などが出たり、貸し倒れによる銀行の損失がどんどん増えて行ってしまう可能性もあります。
マイナス金利政策は、日本では初めて行われる政策です。
それがどのような効果をもたらして、どういう結果になるのかは、まだ誰にもわかりません。
29日の株価は大きく変動しました。これは、マイナス金利政策によって日本の経済がどうなるのか、投資家にとっても不明点が大きいという証拠だと言えるでしょう。

生活への影響

マイナス金利政策の影響で、既に大和証券投資信託委託が、ダイワMMFや中期国債ファンド、フリーファイナンシャルファンドの新規受付を2016年2月1日から当分の間停止するという決定を下しています。
今後、このような動きが広がっていく可能性もあります。
MMFなどで資産作りをしている人にとっては、大きな影響があると考えられるでしょう。
また、銀行がお金を貸したがることから、ローン金利が下がっていくという可能性もあります。
今後の日本経済や景気、ローン金利などがどのような状況になっていくのか、しばらくは経済ニュースから目が離せません。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP