pixta_16811802_M

火災保険って一体何に対する保険?どんな時に補償がおりる?

火災保険は、「火災」と名前についているせいで、火事についての保険だと思われがちです。
しかし、実際には、家に関することや、家以外のことまで、幅広くサポートしてくれる保険なんです。

■火災保険の基本補償
火災保険の基本内容に何が含まれるのかは、各保険会社によって違ってきます。
主にどこで契約をしても含まれる基本保障としては、次のようなものがあります。

◆火災
自分の家から出火した場合はもちろん、近所の家からもらい火をしてしまった場合にも補償されます。
補償される金額は、医療保険などとは違い一定ではなく、実際に受けた損害額によって変わります。
建物の他、家財にも保険をかけることができ、火災で家財道具に被害があった場合にも補償が受けられます。

◆落雷
落雷で家が壊れた場合に補償を受けることができます。
また、家財を対象にしていた場合は、落雷によるパソコンやモデムの故障にも対応してもらえます。
落雷で家が壊れるケースというのは、雷が直接家に落ちた場合以外に、電子錠の故障なども挙げられます。

◆破裂・爆発
破裂や爆発なんて、今の日本に暮らしていたらそうそうすることはない、とお思いかもしれませんが、万が一起きた場合に大きな問題となることというのは、まさに保険向きの補償です。
破裂・爆発の具体例としては、ガス漏れによる爆発などがあります。

ただし、これらはどれも「故意や重大な過失」によって起こった場合は保険がおりませんから注意が必要です。
例えば、自分で家に放火をした場合や、油の入ったてんぷら鍋の近くに布巾を放置し、そのまま出かけてしまったような場合は火災保険はおりない可能性が高いということです。

■火災保険のオプション
火災保険には、豊富なオプションがあります。
また、オプションではなく基本補償の中に下記のものが含まれている場合もあります。
◆物体の落下・飛来
家に車が突っ込んできた場合(建物)など
◆水災
大雨による被害など
◆漏水
漏水によって家の中(建物)や家具(家財)に汚損が起こった場合など
◆風災、雹災(ひょうさい)、雪災
雪の重みで屋根が壊れたりした場合(建物)など
◆盗難
ものを盗まれたり(家財)、泥棒に鍵を壊されたりした場合(建物)など
◆破損・汚損
模様替えをしていたところ家具が倒れてガラス扉が割れてしまった場合(家財)など

このほかにも、火災が隣家に延焼してしまい、なおかつ隣家がそれを補償する保険に入っていなかった場合に賠償金が支払われるオプションや、外で自転車事故などを起こしてしまった場合の賠償金が補償されるオプションなどもあります。

■火災保険と地震保険
火災保険は、地震保険とセットで話されることもあります。
地震保険も、火災保険のオプションのひとつとして加入することができる保険なのです。
地震保険に加入していなかった場合、地震が原因で起こった火災や水害に関しては補償されないので注意しましょう。
ただし、地震保険を付けると、火災保険の金額は大きく跳ね上がってしまいます。

■火災保険の注意点
火災保険を掛けるときに、補償額の元となるのが、建物のその時の時の価値なのか、それとも再取得価額なのかはチェックしておくべきポイントです。
これが時価になっていた場合、築年数の古い家が火災で全焼してしまっても、補償される金額ではとうてい新しく家を建てることができないという事態になりかねません。
再取得価額であれば、同じ家を再度購入するために必要な金額が補償額となるため、安心なのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP