pixta_16073645_M

合併株価とは

企業が合併すると、株の値動きにも大きく影響すると言われています。
例えば、A社の株を1万円分持っている人と、B社の株を1000円分持っている人が居た場合、A社とB社の合併によって、株価の価格が変わり、得する人も、損する人も出てきます。
株価が上がるかどうかは、企業によって異なり、市場が企業の合併にメリットがあると認めれば、株価が上がる事が多いですし、そうでない場合には、下がる事が多いと言えるでしょう。
ただ、もともと異なる企業の株を持っていたとしても、持っていた株の金額が違う分、多く株を持っている人が利益を得るというわけではありませんが、あまりにも、持ち株が少ない場合には、端株として精算価格で現金での払い込みになる事が多いそうです。
そして、業績が悪い企業が、業績の良い企業と合併した場合、業績の悪い企業の株も株価が上がる事が多いので、その点では、株に関する様々な知識が必要になると言えるでしょう。
ちなみに、業績が悪く、株価が下がった企業を狙って株を買う人も居ますが、その後、他の企業と合併した場合でも、事業経営によっては、十分の利益を得られないため、投資のリスクが高いと言われています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP