pixta_18703021_M

FXの仕組みがイチからがわかる!初心者向けガイド

数年前から、FXはネット上で大きな話題になっています。
当初、FXというと「ハイリスクハイリターン」というイメージが強かったものの、最近では数万円程度のもうけをコンスタントに稼ぐプチ副業主婦なども出てきているようです。
いつ減給やボーナスカットがあってもおかしくない時代ですから、副収入は会社員の人にとても魅力的なものです。
ちょっとした副業にもなるFX、一体どんなものなのでしょうか。

■FXって一体何?
ドル相場という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
「本日の終わり値は120円で、10円の円安ドル高となりました」などというニュースの報道を耳にしたことがある人は多いでしょう。
これは、1ドルの値段が120円で、1ドルの値段が110円だった昨日に比べて10円円が安くなり、ドルが高くなったという意味です。

手数料を無視してFXの仕組みを考えると、次のようになります。
(例)
1ドルが100円の時に、10000円をドルに交換したとします。すると、100ドルを手に入れられます。
この100ドルを確保しておいて、1ドルが130円のドル高になったタイミングで円に戻すと、13000円を手に入れられます。
FXとは、これを繰り返してお金を手に入れるという方法なのです。

■FXで買うことができる通過
FXの対象となるのはドルだけではありません。
ユーロやポンド、豪ドルなど、様々です。
それぞれの通貨に特徴があるので、FXを始める際はチェックしておきましょう。

◆米ドル
一般に「ドル」と言った場合は、この米ドルを差します。
米ドルは、世界中で一番メジャーな通貨であり、幅広く流通しています。
そのため、安定感があり、急落の心配が少ない通過です。

◆ポンド
イギリスのポンドもメジャーな通貨ではありますが、米ドルに比べて1日ごとの変動の振れ幅が大きく、こまめにトレードをする人向きです。

◆ユーロ
ギリシャの金融危機などもあり、話題になることの多い通過です。
高値が付く時期と下がり続ける時期に二極化する傾向があり、新しい通貨であるだけに今後の動向も読みづらくなっています。

■FXの取引方法は?
FXは、通貨を使ってもうけを得る取引ですが、本当に外貨の交換所へ行ってお金を交換してもらうわけではありません。
それどころか、レバレッジという方法を用いて、少ない資金で多額の取引を行うこともできるのです。
レバレッジは、1倍~25倍の間で自分で設定することができます。
25倍にした場合、1000円で25000円分の取引ができるのです。
それならなるべく大きくした方がいいと思われるかもしれませんが、取引額を大きくすると、ほんの少し為替が動いただけでも大損失になってしまいます。
例えば、1ドル100円が99円になったとして、10000円で100ドルの取引をしていた場合の損失は100円ですが、レバレッジを25倍にしていた場合は2500円の損失となります。
初心者のうちは、少額の取引にするか、レバレッジを低めに設定しておくことをお勧めします。

■FX初心者にお勧めのゲーム!
ネット上には、FXを仮想通貨で試せるサイトもあります。
説明を読んでもよくわからないという場合でも、実際にやってみれば案外簡単なこともあります。
こうしたサイトを使って、まずFXがどういうものなのか体験してみましょう。
初心者でいきなり本物のお金を動かすのは不安という人でも、これなら安心して試すことができます。
それに、本当にFXをやるかどうかわからないという人も、シミュレーションならゲーム感覚で楽しむことができます。
まずはお金をかけずに試してみて、うまくできそうなら本格的に始めてみるというのがお勧めです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP