pixta_13660662_M

闇金からお金を借りてしまったかも!そんな時どうする!?

闇金は違法な商売で、利用してもなんのメリットもありません。
うっかり利用してしまったり、罠にひっかかったりしてしまわないよう気を付けましょう

■闇金の見分け方
闇金かどうかを見分けるためには、まず、「知名度」が挙げられます。
自社HPがあり、ネット上の口コミも良く見かけるような会社は、ほぼ安心して利用できると言えるでしょう。
一方、ポストに入っていたチラシや、怪しげな広告記事、突然かかってきた電話セールスなどの金融会社は、まず「闇金かも」と疑ってみることが大切です。
基本的にこうした素性の怪しい金融会社は使うべきではありません。
どうしても気になるという時は、社名や電話番号、住所、代表者、貸金業登録番号などを検索してみて、怪しい情報がひっかかってこないか確認しましょう。
もちろん、契約の際には書類の内容を確認して、控えをもらうことも大切です。
こうした書類がなかったり、電話番号が携帯しかないなどという場合は論外です。

■闇金をうっかり利用してしまわないために
「今すぐ振り込めますよ」と甘い誘いの電話がかかってきても、いきなり「お願いします!」と即決してしまうのはやめましょう。
どこで電話番号(または住所など)を知ったのか確認して、一端調べる時間を置くことが大切です。
しかし、そもそも相手の方から電話で融資を持ち掛けるという時点で怪しいと思わなくてはいけません。

■取り立て屋が来た!?
闇金だと思わずに利用してみたら、数日後にいきなり「今すぐ○万円返済してくれないと」や、「追加で○万円振り込んでおきましたから、利息は×万円になります」などという連絡が来た、というケースもあります。
また、会社や自宅に取り立て屋らしきコワモテの男がやってきた、なんてこともあります。
こうしたことがあった場合、確実に闇金ですから、すぐに対処をするようにしましょう。

■これって闇金かも? と思ったら
まず、絶対に相手の話しにのって「わかりました」「支払います」などと言ってはいけません。
一度違法なお金を渡してしまうと、「むしり取れる相手だ」と判断されて、どんどん要求がエスカレートしてしまいます。
「それはおかしい。確認する」などと言って、一端相手から離れましょう。
もし、電話ではなく実際に訪問してきて離れられない場合は、警察に迷惑行為として通報し、追い払ってもらうという手もあります。
電話も繰り返しコールされて通報できない場合は、直接交番に行ってしまいましょう。
何があっても屈しない態度を見せることが大切です。

その後は、急いで弁護士や司法書士に連絡しましょう。
お金はかかりますが、そんな心配をしている場合ではありません。
また、法テラスを利用すれば、相談は無料で受けることができます。
こういった弁護士や司法書士が介入することで、闇金は「面倒だな」と感じます。
闇金被害に強い弁護士や司法書士であれば、どのように動けば一番効果的なのかがよくわかっていますから、安心して任せられるのです。

■警察に通報する? しない?
警察への通報は、上記のような迷惑行為から逃げたい場合は、とりあえずした方が良いでしょう。
一端は追い払ってもらえますから、その場の対応としては役立ちます。
しかし、「闇金被害にあった」という通報は、実はそれほど役には立ちません。
違法な取り立てをやめるよう警察から金融会社へ通告を出してもらうことはできますが、ほとぼりが覚めたらまた取り立てが繰り返される可能性があるからです。
警察に通報しても、闇金だからとその場で逮捕してくれるというわけではないのです。

■わかっているけど闇金から借りる人たち
闇金だとわかっているのにお金を借りてしまう人もいます。
他に方法がないと思わず、まずは市の窓口などで相談してみましょう。
闇金は百害あって一利なしなのです!

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP