総量規制対象外!?ノンバンク系ビジネスローンの魅力とは?

銀行系のカードローンや、消費者金融のキャッシングを利用しようとすると、自営業者や個人事業主は会社員に比べて審査が通りにくいというデメリットがあります。
その上、用途は自由と書いてあっても、(※事業用途を除く)などと書かれていたりします。
次の入金日までの繋ぎにどうしてもお金が必要! という時に使えないのでは、せっかくのローンカードも役に立ちませんよね。
そんな個人事業主、自営業、法人代表等の方に断然お勧めなのが、ビジネスローンなんです。

■ビジネスローンとは
ビジネスローンは、事業資金として使えるローン制度です。
先ほど例にあげたつなぎ融資はもちろん、買掛金の支払いや給与支払い、事業用機材の購入など、ビジネスに関する様々な用途に使うことができるのがビジネスローンの特徴です。
更に、ノンバンク系のビジネスローンの中には、個人事業主の場合、生活資金に使うこともできるというカードもあります。
用途が完全に自由というのは嬉しいですね。
個人事業主の場合、どこまでが家計でどこからが事業支出なのかよくわからないという場合もよくあります。
こういう時も、ノンバンク系の制約の少ないビジネスローンであれば、用途について文句を言われる心配はないということです。

■ビジネスローンが申し込める人は
ビジネスローンが申し込める人は、それぞれの金融機関によって違います。
銀行の場合は、ほとんどが、「法人」または「個人事業主」となっています。
ノンバンク系の場合は、「法人」は不可で、「個人事業主」のみとしている会社もあるので注意しましょう。
「法人」というのは、株式会社や合同会社などとして法務局に登記している会社が会社として事業資金を借りるということです。
一方、「個人事業主」は、個人で仕事を行っている人です。
ひとり親方や、お店をやっている人、フリーのデザイナーなどが該当します。
一方、ひとりきりでも、会社として登記してしまっている場合は法人となります。
また、これらの他に、年齢や収入など、それぞれの金融機関による申し込み規程が定められています。

■ビジネスローンの金利
ビジネスローンの金利は、各社によって大きく違います。
一般的に、銀行は金利が安く、借り入れ上限も高いが、審査が厳しく融資までにも時間がかかるという特徴があります。
その点、ノンバンク系の金融機関の場合、個人事業主でも審査に通りやすく、すぐに融資を受けられるというメリットがあります。
大体、融資を検討するほど困っている場合というのは、時間的な余裕がないものです。
今すぐ支払いをしなければいけない! という時に、銀行で悠長に審査を受けている暇はありません。
こういう場合は、まずはノンバンクのビジネスローンを利用するのが良いでしょう。

■ビジネスローンの上限金額
ビジネスローンは、総量規制の制限を受けない融資方法です。
そのため、年収の3分の1以上の金額であっても、金融機関の審査にさえ通れば融資を受けることができます。
上限金額は、金融機関によっても違いますが、ノンバンク系でも、300万、500万、中には1,000万円までというところもあり、上限はかなり高めだと言えるでしょう。
返済能力の枠内であればかなりの金額を融通してもらえるということがわかります。

■ビジネスローンのデメリット
ビジネスローンのデメリットは、ビジネスが立ちいかなくなった時に困るということですが、これはどんなローンでも同じことです。
むしろ、ビジネスがうまく回るための資金を調達するのがビジネスローンですから、融資を受けたお金を使ってどんどん稼ぐという方向に考えた方が良いでしょう。
咄嗟の時は消費者金融系ビジネスローンを利用しておいて、継続的に利用したいなら銀行系や公的機関の融資を検討するというのがお勧めです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP