プロミスの歴史

改正貸金業法の煽りを受け、消費者金融業界も歴史上稀にみる危機的な状況を迎えており、もはや単独での生き残りは難しく、主な消費者金融業者は大手銀行グループの傘下に入っています。現在トップグループを走っているプロミスも例外ではありませんが、プロミスの歴史を顧みると、昭和37年に大阪で設立された関西金融が始まりです。同年内に関西商工と商号が変わり、さらに翌年2月には関西プロミスと変更され、同年4月からプロミスによる消費者金融業の歴史がスタートします。東京プロミスが発足したのは昭和44年、その後小さなグループの再編等もありましたが、業界初とされる自動与信システムを昭和58年に稼動させています。なおバブル期には台湾や香港へと海外進出し、平成8年に東証1部上場を果たしました。ちなみに平成12年、当時の三和銀行と合併会社モビットを創りましたが、平成16年には三井住友フィナンシャルグループと業務提携、資本合意に達しています。そして歴史の流れには抗えず、平成23年にSMBCの完全子会社化、平成24年3月上場廃止、商号はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社へ!プロミスとしての社名の歴史に区切りを付け今日に至っています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP