アコムのむじんくんとは

消費者金融業界の歴史は波乱万丈ですが、中でも画期的な出来事は大手アコムによる自動契約機「むじんくん」の登場と言えるでしょう。バブルがはじけた平成5年にアコムのむじんくんは初お目見えしましたが、そのネーミングから、誰もが知る存在になりました。ちなみに「むじんくん」とは無人ではなく、金融の元祖とも考えられるシステム、無尽に由来するようです。それまで消費者金融は、ある意味で怖い?世界でしたが、明るい皆の味方!というイメージが定着したようです。またアコムはCMでも著名な芸能人を出演させることにより、信頼性も高めています。アコムのむじんくんは、アコムの有人店舗の一角に設置されているケースもありますが、むじんくんの囲いの中は誰もいないので、他人の目を気にすることなく、落ち着いて手続きができます。やはり消費者金融には銀行とは異なる後ろめたさが、どうしてもあるのは否めません。金融緩和が極限まで達し、世の中にはお金が余っている?状況ではありますが、必要なところにお金が回っていない!この現状を改善するためには、アコムのむじんくんのような救世主が多数現れることが大切なのかもしれません。とはいえ計画的な利用が原則です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP