消費者金融orカードローン、一体どっちがオトク!?

最近では、多くの銀行がカードローンを扱っています。
消費者金融とこういった銀行カードローンでは、どちらがオトクなのでしょうか。
消費者金融orカードローン……融資を受けるときのポイントやそれぞれのメリットについてご紹介します。

■消費者金融系のキャッシング・ローンとは
消費者金融の提携ATMなどから気軽にお金を引き出して利用できる融資方法です。
少額から気軽に利用できるのが特徴です。

◆返済方法
現在では残高に応じて返済額が決まるリボ払いが主流となっています。
期日までにATMに入金することで返済するというパターンが多い他、引き落としが選べる場合もあります。

◆メリット
銀行カードローンに比べると審査が甘く、早いというメリットがあります。
また、返済も数日程度の遅れであれば目をつぶってくれる場合もあり、全体的に甘い運用であると言えるでしょう。

◆デメリット
リボ払いでの返済の場合、利用残高が正確にわからなくなる、返済が長期に渡って利息が高くなるといったデメリットがあります。
また、総量規制の影響で、年収の3分の1までの金額しか融資を受けることができません。

■銀行カードローンとは
銀行が発行しているキャッシュカードや、専用のローンカードを使って利用できる融資のことです。

◆返済方法
返済方法は、その銀行の普通預金口座からの引き落としがほとんどです。
支払い忘れがない反面、口座にお金を入金しておかないと遅延になってしまうという注意点もあります。

◆メリット
総量規制の制約をうけないため、収入のない専業主婦などでも審査に通れば融資を受けることができます。
収入証明なしで借りられる場合も多く、書類を揃える面倒もありません。
また、借り入れ上限額が高く、利息が低いといった特徴もあります。
銀行キャッシュカードと同じガードを利用できることもあり、カードを増やしたくないと言う人や、家族に内緒で借りたい人にも向いています。

◆デメリット
審査にかかる時間が一般的に消費者金融よりも長いという特徴があります。
初回借入迄に数日~1週間程度かかる場合もあるので、急ぐ場合は事前確認が必要です。
審査も比較的厳しく、返済の遅延にも消費者金融以上に気を付ける必要があります。

■タイプ別! 消費者金融orカードローンどっちがオトク!?
それぞれにメリットとデメリットがある消費者金融とカードローンですが、結局どちらを使うのが良いのでしょうか。
タイプ別にご紹介しますので、参考にしてください。

◆初めての利用なら銀行カードローンがお勧め
これまで消費者金融や銀行から融資を受けたことがないと言う人や、住宅ローン程度しかローンは組んだことがないという人は、まず銀行系に申し込んでみることをお勧めします。
金利が低いという大きなメリットがある上、融資上限も高いので、返済能力があれば必要な分全てを1社で賄える可能性が高いからです。
今すぐ必要、という人には向かない場合もありますが、即日融資をしている銀行カードローンもあるのでチェックしてみてください。

◆複数利用している場合や急ぎの場合は消費者金融も視野にいれて
既に利用しているキャッシングやカードローンが複数ある場合は、銀行系カードローンだと審査が降りない可能性もあります。
そういう場合は、審査の甘い消費者金融系を利用すると良いでしょう。
また、今すぐにお金が必要という場合も、対応は消費者金融系の方がスムーズです。
銀行系で即日融資をしているところもありますが、万が一間に合わなかったり、審査が厳しくて通らなかったりすると困りますから、本当に急ぎの場合は消費者金融系の方が安全です。

消費者orカードローン、どちらを選ぶのが良いのかは、利用する人の状況や求めるものによって変わるということですね。
自分にあった方を選択するようにしましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP