CFDの基礎

副業として株を始める方は多く、日本国内ではあまり知られていないものの、人気が上がってきているのが、CFDです。
CFDとは、差金決済と訳される取引の方法の事で、通常の株の取引の場合には、売買時に資金と現物を交換して利益を得るのですが、CFDの場合には、売買時の資金のみの取引を行います。
資金のみの取引になる為、100万円の株が120万円で売れた場合には、20万円の利益のみが手元に入るので、最初は少ない金額で始めても、場合によっては大きな利益を得る事が出来ると言われています。
また、CFDは、世界中のマーケットが対象になっている為、1日24時間の間に、どこかしらの国のマーケットは開いていると言う事になりますから、どんな時も取引が出来るのが大きな魅力だと言えるでしょう。
さらに、CFDでは、株の種類によって、リパレッジ率といって、投下資金に合わせた利益率が異なると言われています。
リバレッジ率は企業などによって、1%?100%など、大きな差があるので、その点でも、少ない出資で大きな利益を得られる分、大きな損失になる可能性も含んでいると言えるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP