CFDと税金

どのような投資でも言えることですが、所得が有った場合には税金が発生します。
CFDも例外ではなく、税金が課せられていますので注意しましょう。
CFDを始める前に、必ず知っておかなければいけないのが税金です。

CFDは雑所得という扱いになっています。
サラリーマンとして働いている方であれば、年間の雑所得の収入が20万円以下というのであれば税金を支払う必要はありません。
CFDで20万円以上の利益を得たというのであれば確定申告を行っていき税金を支払います。

20万円以下だったとしても、FXや株などの他の投資で収入を得ているのであればもしかしたら確定申告を行っていき税金を支払わなければいけません。
雑所得としての収入が20万円以上有った場合に、確定申告を行わなければいけないと覚えておきましょう。

CFDで株を取り扱っていくと言うのであれば、少し気をつけなければいけません。
株取引は源泉分離課税となっています。
雑所得という扱いになっていませんので、確定申告を行っていくときには株で得た利益を申告する必要はないです。

CFDを行って利益を得た…所得を隠す。
このような行動を起こしてしまいますと、超過課税などを取られてしまうことになります。
口座に入金などの履歴が残っていますので、直ぐに税務署に知られてしまいますので必ず確定申告を行っていき納税しましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP