CFDと手数料

CFDで取引を行っていくのであれば、知っておかなければいけないのが手数料となっています。
CFDの取引を行っていきますと、手数料が発生します。
手数料を考慮にいれて、取引を行っていかなければいけません。

CFDで取引を行っていきますと、常に手数料が発生してしまいます。
売る、買うという1つの行動を起こすたびに手数料が発生してしまうのです。

売るという行動で1500円。
買うと言う行動で1500円。
取引を終了させるためには、3000円の手数料を支払わなければいけないと言うことです。
1日に、5件の取引を終了させますと1万5000円もの手数料が発生してしまいます。
これは、投資家として見逃せない部分と言えるでしょう。

CFDでデイトレードを行う人が少ない理由として挙げることが出来るのが「手数料」となっています。
他の投資と比べていきますと、手数料が高いのでデイトレードを行おうと考えている人はFXなどに流れてしまいます。

このように手数料が発生してしまいますが、株と指数に関しては手数料が無料に設定されています。
これ以外の商品は手数料が有りますが、株と指数だけは無料と設定されているのでCFDでデイトレードを行っていこうと考えるのであれば株と指数で取引する事を考えるようにしましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP