配当金を得る

配当金と聞くと想像されるのが、株式投資になるでしょう。
株式投資の利益を得る方法の1つとして配当金は多くの人に知られています。
配当金を目的として、株式投資を行っている人も少なくない。

配当金は株式投資だけで、得られる利益というわけではありません。
CFDにも配当金が存在して居ます。
CFDの配当金は、株式投資と全く同じです。
自分が買いでエントリーして居るのであれば、配当権利の確定日をまたいだ時に受け取ることが出来るようになっているのです。
配当権利の確定日の前に、売ってしまったというのであれば株式投資と同じように配当金を得ることは出来ません。

逆に売りでエントリーしている場合にはどうでしょう。
売りでエントリーしていて、配当金の確定日をまたいだ時には、予想配当金を支払うことになっています。

株式投資を同じように、配当金で得た利益に対しては税金がかかってきます。
一律10%の税金を支払わなければいけません。
国に対して支払うことになりますが、受け取っている時にすでに10%を源泉徴収されていますので確定申告で支払う必要はないです。

CFDの配当金は、予想して分配すると言うシステムをとっています。
その為、予想よりも少ない配当金を得た場合には調整されてまた受け取ることが出来ます。
逆に多くの配当金を得た時には、逆に支払わなければいけません。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP