資金調達とは!

不動産投資において資金調達は大切なポイントの一つです。
購入資金の一部を借り入れることになりますが、誰でも無条件に受け入れられるものではありません。
年齢や職業、年収、資産状態によって大きく変わってきます。
銀行も、書面だけの審査で融資を決定するのではなく、その他プラスαを考慮して最終結論が出てきます。

どこに資金融資の相談に行くのが良いのか。
都内に住んでいる人が地方の物件を買う場合、物件に近い支店に相談する方が良いです。
何故かと言うと判断するキーワードは「保全」とその根拠になる「調査」です。

大きな銀行であれば地方に行っても支店がありますので、お勧めです。
投資用物件に限らず銀行が不動産に対して融資する場合、融資希望者と物件が営業テリトリーの範囲内であることが基本です。
営業担当者が物件の近くにいると言うのも、何かあった際にすぐに見に行ける範囲にいると言うのも大きなポイントです。

意外と知られていないのですが、都道府県や市区町村でも色々な融資制度を設けている所が多いので、一度チェックしてみることをおすすめします。
無担保の事業者ローンや不動産担保ローンと言っても、種類があるので、事業内容によって方法を選びましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP