確定申告を解説

不動産投資をしていると毎年、税務署に提出しなければいけないのが「確定申告書」です。
税務署から『決算書の内容についてのお尋ね』が大量に送られているのをご存知ですか?

これは確定申告書に添付する決算書の数字の内訳を問う文書照会で例えば「雑費の内訳は何か」と言う質問についての答えを書いて提出させるものです。
これはあくまでも税務調査ではなく行政指導として行われたようです。

行政指導は任意で行われるもので、例えば行政指導に従わなくても罰則などはありませんが、任意だからと言って回答しなくても良いという訳でもなく。
この『お尋ね』については必ず回答してください。

でも任意でしょう?・・・・はい任意です。しかし回答しないとどうなってしまうのか・・・
《税務調査》になります。

どうやらお尋ねを受けている方に共通点があるようです。
《一つの科目について100万円を超えるものがある場合》
《特定の科目について金額が多い場合》
金額の多さや偏りが共通点の一つのようです。
対策としては『一つの科目に金額が集中しないように、科目を分ける』
雑費で纏めていた物を管理費、通信費、消耗品費などに分類して記載してみるのが回避対策の一つのようです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP