相対取引

CFDで取引を行っていくということは「相対取引」を行っていくと言うことになります。
他の投資などでは、相対取引は利用されていません。
株式投資やFXなどの取引は絶対取引を言われています。
この違いについて良く知っておくようにしましょう。

株式投資やFXなどは、投資家と業者がやり取りするわけではありません。
公的取引所を介して取引が行われると言う形になっています。
公的な取引所が仲介して居ますので、投資家にとっては安心度が高いと言えるでしょう。

それに対して、相対取引というのは公的取引所が存在して居ません。
相対取引というのは、1対1で取引を行っていくことになります。
数量や価格などを相手と決めることによって、取引を行っていきます。
1対1ということになりますので、絶対取引とは違い仲介役が存在して居ないのです。
この点は、投資家にとって不安が残ると言えるでしょう。

業者が提示するレートに従って取引を行っていきますので、投資家にとっては不利です。
始まって時間が経っていないCFDでは、まだ公的取引所は作られていません。
これから作られる可能性は十分ありますが今現在は相対取引でしか取引を行うことが出来ないことを理解してCFDを行っていくようにしましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP