物件を買う時のポイント

■不動産投資…物件を買う時のポイントは?

不動産投資は、かなり長期の投資になります。

例えば、35年ローンで新築の物件に投資すると、35年間は毎月何万円もの経費を払っていくという計算になるのです。

株などのように、「下がってきたから売却」というほど簡単ではありません。

そのため、いちばん大事なのは、長期(少なくともローン完済まで)のシミュレーションをしてみること。

マネーフローを作ってみる必要があります。

◆物件の立地

物件の立地はとても重要です。

交通の便はどうか。

学校や医療機関、買い物など生活の勝手はどうか。

治安や音などの住環境はどうか。

など、よく見極めましょう。

また、それらがこの先どうなるのかも考えます。

あまり線路や駅の位置が変わることはありませんが、空き地はまず間違いなく将来何かができるでしょう。

地域に開発計画があれば、大きく変化する可能性も高いです。

今の環境だけでなく、将来の可能性もよく考えましょう。

◆安定して入居者があるか

不動産投資いちばんのリスクは、空室リスクです。

なにより空室なのが困ります。

大学や駅の近くなど、これから先も入居希望者が安定しそうな場所がベストです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP