海外通貨との関係は?

CFDをする時には、海外通貨とどんな関係があるのでしょうか。
日本国内で株の取引をする時には、日本円での取引になる為、海外通貨はあまり関係ないのですが、CFDは、24時間世界中のマーケットで取引が出来るのが魅力なので、海外通貨の値動きなども、重要になると言えるでしょう。
例えば、CFDで海外の銘柄を購入する時に、円が1ドル80円の時には、1000ドルの取引は8万円で出来る事になりますが、1ドル120円の時には、同じ1000ドルでも、12万円の予算が必要になります。
その為、日本円がどのくらいの価格になっているかは、日本円で取引をする上で重要ですし、海外の通貨の値動きが、CFD取引をする上で、大きな影響を与えると言えるでしょう。
もちろん、ドルでユーロの銘柄を購入する場合など、外貨をその他の外貨で取引する場合も、CFDではよくあるので、海外通貨に関する知識が重要だと言われています。
ちなみに、CFDをする上で、海外通貨に関する勉強をする事は欠かせないので、株の銘柄だけでなく、海外通貨の知識を身につける事が、CFDの成功につながると言えるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP