海外での不動産投資

さて、不動産投資はなにも日本国内だけでしなければならないということはありません。
実際、海外の不動産に投資している方もたくさんいらっしゃいます。

■海外で不動産投資をするには?

海外での不動産投資も、基本的には変わりません。
現地の不動産会社と契約して、管理・運営をお願いするとういうスタンスです。
居住用の住宅の場合もあれば、店舗のテナントを募集する場合もありますね。

■海外で不動産投資するメリット

どの国で行うかにもよりますが、例えばアメリカでは個人投資家を保護する姿勢が日本とは比較になりません。
外国人に対しても市場が開かれていて、投資を行い易い社会環境があります。

また、日本では物件の価値は早いうちに目減りしていってしまいますが、海外ではもう少し長め。
そもそも日本の不動産は、取得するにも維持するにも莫大な費用がかかりますから、それら負担・負債についての不安も大きいですね。

日本自体の価値も、近年では下がりつつありますから、日本円での投資よりも外貨での投資の方が貨幣価値に安心できるという見方もあります。
日本と海外と両方を持って、リスク分散をするという考えもありますね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP