注文方法

CFDの注文方法には種類が有ります。
色々な種類がありますので、使い分けて注文を行っていくようにしましょう。
1つの注文方法だけを利用するのではなく、複数の注文方法を利用する事によってCFDで成功する事が出来ます。

最も分かりやすい注文方法が「成行注文」です。
CFD初心者の場合には、最初に行う取引の方法が成り行き注文ということになるでしょう。
成行(なりゆき)という言葉なので、良い印象を持たない人も多いかも知れませんが、非常に分かりやすい注文方法になりますので利用すると良いでしょう。

簡単に言ってしまうと成り行き注文は、この価格になった購入します!という方法です。

注文方法として頻繁に利用されているのが「逆指値注文」です。
逆指値注文というのは、指定した金額よりも上、指定した金額よりも下にならなければ売買を行わない!という注文方法です。
CFDでは多くの人が利用して居る注文方法になりますので、しっかりと注文方法を覚えて利用していくと良いでしょう。

CFDの注文方法は上記以外にもたくさんあります。
注文方法を知るだけでは意味が有りません。
使いこなせなければ意味が有りませんので、先ずは使ってみて使いこなすことが成功へのポイントとなるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP