法人化のススメ

《個人と法人、どちらが得なのか》不動産投資でもっとも良く聞かれる質問の一つだそうです。
不動産投資の規模が大きくなると法人を設立した方が節約になるのではと思っている方が多いようですね。
節約できる幅も個人より広がりますので、所得税の違いやメリットなどをしっかりチェックされる事をオススメします。

いったいいつ法人化したら良いのでしょうか?よく「家賃年収1,000万円を超えたら」などという噂が飛び交っているようですが
家賃収入が大きくなっても経費が沢山かかって利益の出ない物件であれば法人化する意味はありませんし、人によって法人化のタイミングは違うので
「いくらを超えたら」というのは目安には成らないようですので、お気をつけ下さい。

法人だから出来る最大の節約とは何でしょうか。
法人化の最大のメリットは人件費の活用です。法人で物件を所有すれば家賃収入を得て利益が発生するのは法人です。
そして家族に法人の役員になってもらい仕事をしてもらえば法人で発生した利益を役員報酬として支払うことが出来ます。
所得が分散されることによって税率が低くなるため、家族一丸となって協力すれば法人化することで最大の節税効果が得られます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP