株との違い

CFDでは、株式も取り扱うことが出来ます。
株式を取り扱っていくのであれば、現物株との違いについては知っておくと良いでしょう。

CFDで株を取り扱うことによってレバレッジをかけることが可能です。
小額の資金から株式投資を始めたいと考えている人にとっては理想的です。
現物株の場合には、レバレッジをかけることができません。
レバレッジをかけることが出来ないということは、自分の資金の範囲内でしか取引を行うことが出来ないので大きな金額を動かすことができません。
この点は、FXと現物株の大きな違いであると言えるでしょう。

それ以外にも、CFDの株式は売りから入ることが出来るのも特徴の1つです。
売りから入ることが出来ますので、株を購入してから売る必要はありません。
現物株の場合には、売りからは入ることが出来る購入してから売ることになります。

CFDの方がメリットが多いと思うかも知れませんが、デメリットもあります。
現物株の場合には、株主優待を受けることが出来ます。
これを目的で株式を行っていこうと考えている人も多いと思いますが、CFDでは株主優待を受けることが出来ないと言う違いがあります。
株主優待を受けることは出来ませんが、配当金は貰うことが出来ます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP