時間外取引はある?

株取引というと、証券会社などの取引の時間が決まっている場合が多いのですが、CFDにも、取引時間の決まりがあるのでしょうか。
基本的に、CFDには、取引時間の決まりはありません。
CFDは、インターネットを通して、24時間取引が行われており、海外の株を購入する事も出来るので、日本の時間では時間外取引になるものもありますが、24時間、世界のどこかのマーケットは開いていると言えるでしょう。
ただ、海外の株の取引をする場合には、その国の時間に従って、取引が行われており、国によっては、サマータイム制を導入している場合もあるので、注意が必要です。
サマータイムとは、夏の日照時間が長くなるため、夏の時間と冬の時間を1時間ほどずらす制度の事で、夏の時間は、3月の第2日曜日から11月第1日曜日、冬の時間は、11月の第1日曜日から3月の第2日曜日までです。
もちろん、時間が違うと言っても、1時間だけなので、大きな混乱は無いのですが、現地時間ギリギリにCFDの取引をする事が多い方は、サマータイム制についても知っておく必要があると言われています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP