新築が良い?

■不動産投資は新築が良い?

不動産投資では、「入居してもらえるかどうか」が結構大事。

特に、マンションの区分所有などは、入居者がなければまったく儲けがないということになりますから、空室リスクは特に問題なわけです。

この、空室リスクの面でいえば、新築は非常に良い投資対象ということができます。

◆新築は空室リスクが低い

新築の場合、その時のニーズに合った間取りや外観であることが多いので、空室になる可能性はかなり低くなります。

需要が大きいんですよね。

空室にならなければ、概ね利益は出ると考えられますから、良い投資対象だといえるわけです。

◆新築は利回りが小さい

もちろん、「じゃあ新築が絶対良いか」と言われれば、それはNOです。

というのも、そもそも利回りが小さいから。

だって、物件の価格自体が高いわけでしょう?
家賃もそれなりには高くできますが、投資する側の支出もかなりの額になるはずです。

そのため、新築の場合、リターンは意外と低いというわけ。

さらに、新築物件であるのも一定の期間のみ。

ローンが半分も終わらないうちに古くなることは計算に入れておかなければなりません。

当然、空室リスクも徐々に高くなります。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP