影響する円安と円高

株の取引を始めるなら、株に関する知識だけでなく、為替に関する知識も欠かせないと言われています。
例えば、外貨を扱う時には、円安と円高という言葉が出てきます。
それぞれの国で使われている通貨には時価があり、通貨を両替する時には、利用している通貨の価値が高いか、安いかで、投資などにも大きく影響すると言えるでしょう。
1ドル100円?120円と言われていた時には、一般的に円安の状態と言われており、円の価値が低い分、外貨の価格が高くなり、1ドル80円から100円の場合には円高として、外貨を買う時の価格も安くなります。
では、円安と円高が、どのようにCFDに影響するかというと、1000ドルの投資をする場合に、円安の時には10万円?12万円の予算が必要なのに対して、円高の場合には、8万円?10万円の予算で同じ1000ドルの投資が可能になると言えるでしょう。
この場合、円高の方が円を外貨にした時の取引予算額は低くなりますが、逆に、外貨を使って取引をする時には、利益が少なくなるので、その点でも、円高と円安のバランスを考えながら、取引をする事が大切です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP