強制ロスカット

強制ロスカットを発生させないことがCFDは最も重要なポイントであると言っても過言ではありません。
強制ロスカットだけはさせないように取引を行っていくようにしましょう。

強制ロスカットが発生するのは、最低証拠金維持率を下回ってしまった時です。
マージンコールが発生し、そこから更に損失が大きくなってしまった時に業者が強制ロスカットを行っていきます。
最低証拠金維持率より下回らないのであれば、嬉しいことかも知れませんが損失が大きくなると言うことを頭の中に入れて下さい。

手持ちの証拠金が少ないのであれば、大きな損失をした!という気持ちにはならないかも知れません。
しかし、証拠金が100万円、1000万円となってくると大変な損失となってしまうのです。
大きな損失を出した人は、大抵の場合で投資から撤退を余儀なくされてしまいます。
お金がなくなってしまうのですから当たり前の事です。
だからこそ、強制ロスカットだけには注意を払っておかなければいけない。

業者によって強制ロスカットのタイミングは異なります。
最低証拠金維持率を30%と設定して居る業者もあれば、50%というように厳しく設定して居る業者も存在して居ます。

基本的に強制ロスカットされるかも知れないほど、損失が膨らんでしまったら決済を行うことを考えるようにしましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP