店頭取引

CFD取引を行っていくためには、インターネットを利用する事が出来る環境が必要です。
インターネットを利用して、投資を行える時代になってきたのです。
一昔前までは、インターネットがない時代だったので株式投資などを行っていくためには、店頭取引を行わなければいけませんでした。

店頭取引というのは、公開市場ではなく業者に行き直接取引を行っていくことです。
今現在では、店頭取引を行っている人はほとんど居ません。

株式投資では、今現在でも店頭取引を行うことが出来るようになっています。
インターネットを利用する事が出来ない…という年配の方には嬉しいサービスとなっているのです。

株式投資では店頭取引を行うことが出来ますが、CFDは店頭取引を行っていくことはできません。
CFDはインターネットの取引だけしか出来ませんので、店頭で取引をしたいと業者に出向いても帰って下さいと言われるでしょう。

CFDも株式投資のように、店頭取引を行うことが出来るようになるのかというのは不透明です。
しかし、インターネット社会になった現代において店頭取引を行おうと考えるCFDの業者は現れないでしょう。
これからも、CFDはインターネットだけでしか利用できないと考えるのが正しい判断です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP