年収700万円の場合

年収が700万円程度の場合、不動産投資にはそれなりにお金をかけるべきです。
そうですね、5,000万円程度のアパートなどが適切な投資である場合が多いですね。
もちろん、地域や利回りも考慮しなければなりませんが、新築でもアパートの購入が可能だといえるでしょう。

■ローンは年収の8?10倍程度

居住用の住宅ローンは、金利が優遇されていたり、審査が比較的低所得者寄りだったりしますが、一方で借りられる額は低めに設定されますね。
けれど、投資目的での不動産取得ならば、もう少し多く借りられる場合が多いです。

年収が700万円程度あるのなら、だいたい8?10倍程度の5

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP