基本を知ろう

さて、そもそも不動産投資とは、どのようなものでしょうか。
こんな風に聞かれて、上手にイメージできないうちは、まだ手を出さない方が懸命です。

それではまず、不動産投資についての基本を理解しましょう。

■不動産の2つの利益

不動産投資は、アパートやマンション、オフィス、店舗、土地などの不動産を購入し、それを使って利益を得ます。

この「利益」には、大きく2つがあります。

まず1つは、賃料に代表される「インカムゲイン」。
定期的に見込める収入で、多くの人は不動産投資にこの利益を期待しているのではないでしょうか。

もう1つが、売却による利益の「キャピタルゲイン」。
地価が上がるなど、不動産を購入価格以上で売却すれば、この利益が得られます。

■不動産投資のリスク

不動産投資最大のリスクは、「空室」です。
空室でなくても、賃料滞納・回収不能になる場合もあります。
さらに、不動産価値は下がることが多いので、賃料が下落することもあります。

また、貸手側が負う責任も多く、各種修繕の費用も発生しますね。

比較的リスク計算はしやすいものですが、ミドルリスク・ミドルリターンであることは覚えておきましょう。
一定の賃料がずっと見込めるわけではないのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP