含み損益

含み損益という言葉は、CFDでも良く使われます。
ポジションを持っている時でのエントリー時の差額を含み損益と呼びます。

今いち理解することが出来ないのが、含み損益です。
簡単に言ってしまうと、決済を行うまでには、損益は確定しません。
この点は誰もが分かっていることでしょう。
この損益が確定していないことを「含み」という表現で用いられています。

含みという言葉で覚えている人よりも、評価損・評価益という言葉で覚えている人も中には居るでしょう。
これは、含み損益と全く同じ意味となっていますのでどちらで覚えていても問題は有りません。

含み損益は、実際のところ確定していないので損益として確定しないと考えている人も多いです。
特に長期的にCFDの取引を行っていくときには、確定していない損益なのでカウントする必要はないでしょう。

ですが、デイトレードを行っていくのであれば違ってきます。
長期的にトレードを行いませんので、含み損益も損益としてカウントしてトレードを行っていく人が多いのです。
考え方はそれぞれですが、自分のトレードスタイルによって含み損益の捉え方にも違いが出てきます。
トレードスタイルによって、含み損益に対する考え方も違いますので先ずはトレードスタイルを決めることが重要なポイントとなるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP