取引銘柄の種類は?

CFDでは、どんな銘柄を取り扱っているのでしょうか。
これは、CFDの取引方法や、利用する証券会社によっても異なります。
例えば、1つの証券会社では、取り扱っている銘柄が10個以下と少ない分、リバレッジ率が高くなる事がありますし、その逆に、たくさんの銘柄を扱っている証券会社では、リバレッジ率が低いと言えるでしょう。
そして、CFD取引でも、株の銘柄だけでなく、債券や商品先物など、どんな方法で取引をするかによって、銘柄の数は大きく異なります。
特に、株の銘柄に関しては、選択肢が一番多く、その次に商品先物、一番少ないのが債券だと言えるでしょう。
もちろん、どの取引方法で、どの程度投資するかによっても、利益や損失は大きく異なりますし、企業の株の銘柄は選択肢が多い分、不況の影響などを受けやすく、倒産や破産などのリスクも高いと言われています。
どんな方法の取引があっているかは、期間、予算、知識量など、人によって大きく異なるので、その点でも、様々な基礎知識を身につけておく事が大切だと言えるでしょう。
ちなみに、CFDでは、日本国内の株だけでなく、海外の株も取引する事が出来るので、その国によっても、取引銘柄のバリエーションが異なると言われています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP