取引時間

CFDの取引時間は、基本的に全ての証券会社で24時間取引が行えるようになっています。
24時間取引が行えるのも大きな魅力の1つであると言えるでしょう。
特にサラリーマンの方の場合には、日中は仕事になりますので夜しか取引を行うことが出来ない人も多い。
そういった方の場合には、CFDの取引時間は大きなメリットとなります。

CFDでは、色々な銘柄取り扱われています。
車や証券といった幅広い分野で取引出来るのも大きな魅力として挙げられていますが、自分がどのような銘柄を取り扱っていくのか?というのは、自分が取引出来る時間も考慮にいれていきましょう。

日本の銘柄の商品で取引を行っていこう!と考えます。
24時間取引することは出来ますが、価格が変動する可能性が有るのは日本の市場が開かれている10時から17時ということになります。
この時間帯に市場をチェックすることが出来なければ大きな損失を出してしまうことになるでしょう。

CFDの取引銘柄を決めるのは、市場が変動しやすい時間帯をチェックする必要があると言えるでしょう。
日本ではヨーロッパのCFD市場が高い人気を集めているのは、しっかりと市場をチェックすることが出来る時間帯だからです。
この点はCFDで非常に重要なポイントとなってきます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP