動いている仕組みとは?

CFDは、日本で比較的新しい投資のシステムとして知られ始めていますが、CFDは、どんな仕組みで動いているのでしょうか。
まず、CFDとは差金決済取引と呼ばれている投資システムの事で、日本円で、世界中の株、株価指数、証券、商品を1つの口座で取引が出来るというものです。
投資には大きなリスクがあると言われていますが、CFDは、あいたい取引によって、現物を保有せずに相場の上下による、売買の差額だけをやりとりするため、少ない予算でも世界中の銘柄を売買できるのが魅力です。
また、投資のやり方によっては、少ない投資資金で、大きな利益を得る事も可能になりますから、その点でも、CFDはサラリーマンなど、大口の投資家でない方でも始めやすいと言えるでしょう。
さらに、CFDには、レバレッジといって、証拠金を担保に資金の1?100倍の取引が可能になるため、一口10万円からでも始められると言われています。
ちなみに、レバレッジ取引の場合には、小額で多額の利益を生む事も可能ですが、逆に小額でも多額の損失を被る場合もあるので、その点では、注意が必要だと言えるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP