修繕費を解説!※修繕費用と被り

不動産投資でアパートやマンション、一戸建てで投資を始めた後、毎年どれ位コストがかかるものなのでしょうか。
《管理費、修繕費で賃料収入の1割前後》が平均だそうです。

不動産投資は「大家さんになる」と言うことです。大家さんには入居者募集、契約締結、家賃の収受、トラブル、クレーム対応など、知識や経験がないとなかなか難しい「仕事」もあります。
これらについては、専門の《管理会社》に依頼して行うほうが無難で、大家としての負担も少ないです。
もちろん依頼するからには『管理委託費』が発生してきます。

依頼する内容にもよりますが、清掃なども含めるとすると賃料収入の5%程度が平均だそうです。
また建物の修繕、メンテナンスの費用が発生してきます、毎年実際に修繕を行うわけではなくても定期的に『大規模修繕』を行う必要がありますので
家賃収入から一定の金額を《修繕積立金》として貯めておくことが必要になります。
修繕関係で『賃料収入の5%程度』が必要になると考えておくべきでしょう、管理委託費と修繕費を合わせて、賃料収入の1割程度になります。
修繕費とは別に固定資産税などでさらに5?10%程度発生してくるのでこちらも頭に入れておきましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP