今が買い時

ちょうどタイムリーな話ですが、今はさまざまな理由から、不動産投資の意欲が非常に高まっています。
つまるところ「買い時」というヤツですね。

■消費税の上る前に

まずひとつは、消費税増税の計画がかなり現実を帯びているということ。
不動産の取得はとっても大きなお買い物ですから、増税はたとえ1%でも大きな増額になります。
増税前の今が、まさに「買い時」というわけ。

また、消費税が上がると、一般の住宅購入にもブレーキが掛かり、賃貸住宅が注目されることも予想できます。賃貸人気が復活すれば、賃料のリターンが期待できますね。

■アベノミクス効果も

今が「買い時」だと感じている人の増加には、安倍首相の「アベノミクス」効果も背景にあるようです。
まだまだ末端の会社員の給料には反映されない景気回復ですが、少しずつ社会の購買意欲は上昇していますし、今後収入が上がるのではないかという期待もあります。

増税で住宅購入には歯止めがかかるけれど、賃貸はちょっと良い所を借りてくれる……となれば、たしかに不動産投資には今が最適なのかもしれませんね。
もっとも、エリアや不動産の種類なども重要ですから、しっかり利回りのシミュレーションはお忘れなく。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP