中古物件が良い?

■不動産投資は中古物件が良い?

新築物件の場合は、「空室リスクは低いが、利回りも小さくリターンが小さい」というのが特徴ですが、中古物件の場合はそれがまさに逆です。

つまり、「空室リスクは高いが、それさえクリアすれば利回りが高く大きなリターンが期待できる」というわけ。

◆空室リスクをいかに回避するのか

不動産投資は、とにかく空室リスクがいちばん怖いです。

そして、それは古くなればなるほど高くなります。

最初から中古の物件で勝負するということは、空室リスクを回避する策があるかどうかということ。

立地だったり、リフォームなど見た目の綺麗さだったり、家賃の設定だったりと、回避の策はたくさんあります。

◆人さえ入ればリターンが大きい

中古物件は安いですから、投資額が小さくて済むということ。

空室リスクさえ回避できれば、リターンは大きくなりやすいのが特徴です。

もちろん、古くなれば修繕の必要もあり、経費もそれなりにかかってきます。

それでも、新築物件と比べると大きなリターンが期待できます。

中古物件は、見極めが重要。

失敗した場合には売却が困難になることも多いので、「安いから」なんて理由での投資はNGです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP