不動産投資の失敗

■不動産投資の失敗

不動産投資って、いくらか前にすごく流行ったんですよね。

「持っているだけで収入が!」なんて、結構注目されたもの。

ところが近年、不動産の価値が軒並み低下。

不動産マーケットは、今ものすごく低迷しているのです。

◆普通の金融商品とは違う

不動産投資は、他の資金運用とは違い、非常に大きな資金を動かします。

そりゃそうですよね。

例えば「マンション1室」なんて投資の仕方なわけですから、当然株やら債券やらなんかよりずっと高額です。

しかも、マンション等の不動産は、思った以上に維持費がかかるもの。

特にマンションは、区分所有者全員で建物の維持・修繕を行うため、自分のタイミングでは行えない経費も多いのです。

つまり、不動産投資は失敗した場合の損失が大きく、さらに追加で経費がかさむ可能性も高いということ。

多額の負債を抱える可能性もあるわけです。

◆売却できない物件も多い

持っていて損が増えるのなら多少譲渡損が出ても売ってしまおう、と思うのですが、実は売却できない物件が多いのも不動産投資の失敗例。

例えば、借地権付きでローンが組めない物件だとか、古くて人気がない(けどマンションの区分所有では勝手に建て直しもできない)とか。

失敗は尽きませんね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP