不動産取得税の軽減とは

不動産取得税というのは決して軽いものではありません。
土地か家屋かでその税率が変わるとはいえ、それでも1%bの話ですので、額そのものに大きな差はないでしょう。
そんな不動産取得税を億劫に思ってしまう人もいるかもしれませんが、この不動産取得税は軽減される可能性もありますので、自分の購入した不動産が軽減される条件にあてはまっているかどうか確認してみると良いのではないでしょうか。
これは土地か家屋かで微妙にその条件が異なるのですが、建物の場合、築年数云々ではなく、未使用の場合。
この場合不動産取得税は軽減されます。
また、床面積が50?以上240?以下の場合にも不動産取得税が軽減される事になりますので、一回しっかりと確認してみるべきなのではないでしょうか。
また土地の場合ですと未使用の新築住宅を購入した際に同時にその土地を取得した場合、そして土地を取得した日より3年以内にその土地に家屋を新築した場合には、不動産取得税が軽減されます。

ですから、自分が不動産取得税の軽減対象の可能性もありますので、しっかりと調査し、もしも軽減の対象であるならばしっかりと申請するべきでしょう。
軽くなるのであれば軽くしたいと思うのは当然ですよね。
それが税金であれば尚更です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP