不動産取得税の計算とは

不動産投資といえども不動産を取得するという事になりますので、不動産取得税というものがかかってきます。
不動産取得税とは、その名の通り不動産の取得にかかる税金の事です。
実はこの不動産取得税というのはばかにならない額なのです。
これがなければ不動産投資ももっと身近なもになると言われているのですが、それでも税金は税金ですのでしっかりと納めなければなりません。
そんな不動産取得税とは、どのように計算されるのかというと、不動産を購入した価格ではなく、市町村の固定資産課税大腸というものに記載されている価格に、税率をかけた額となります。
その額は土地か住宅かでも変わってくるのですが、土地であれば4%、住宅であれば3%ですので、一億円と記帳されている土地を購入したら、それはいくらで購入しても400万円の税金がかかるのです。

この額というのは決して小さいものではないのですが、それでも消費税のようなものですので、しっかりと収めなければなりません。
不動産取得税というとなにやら難しいものを想像してしまう人も多いかもしれませんが、計算も面倒なものではありませんので、不動産を購入する際にはしっかりと覚えておきましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP