ローンについて

不動産投資が身近になっているのは事実ですが、それでも不動産というのはとても高額なものです。
そのような高額な不動産を投資の一環として利用する事が出来るのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。
実際不動産投資というのは株やFXよりも資金という点での敷居の高いものだったりするのですが、それでも中には不動産投資をローンで行うという人も少なくなかったりします。
それが投資術になるのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、不動産をローンで購入し、購入した不動産を他人に貸与する。
それで家賃収入を得る。
それはつまり、不動産投資のローンを他人に支払ってもらうという事にもなりますので、自分の出費を抑える事が出来るのです。
もちろん、それはあくまでも理想ではあります。
しかし、そのようにすればローンも負担になるものではなくなるのです。

また、ローンが終われば名実共に自分のものになるのですから、若い時に不動産をローンで購入し、老後にその不動産を売却したり貸与する。
そのような方法もありますので、不動産投資をローンを組んで行うのも、それは特におかしな話ではありませんので、特に違和感のある話ではないと知っておきましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP