レバレッジとは

CFDでは、レバレッジをかけて取引を行っていくことが出来ます。
レバレッジと聞くと、想像されるのがFXかも知れません。
FXでは、レバレッジをかけることによって少ない資金でも大きな取引を行っていくことが出来ると言う特徴を持っていますがCFDも同じ性質を持っています。

レバレッジというのは、証券取引の基本と言われています。
レバレッジについて良く知らないと言う人は、CFDを始める前に良く知っておくと良いでしょう。

レバレッジというのは「てこの力」という意味を持っています。
てこの力というのは、小さい時に習ったことが有るので知っているでしょう。
小さな力であっても大きな物を動かすことが出来る力のことです。

CFDのてこの力は、小額の資金であっても多額の資金を動かすことが出来るということを指しています。
レバレッジを重視して、証券会社を選択する人は少なくありません。
証券会社によって、レバレッジには違いがありますので良く比較してから証券会社を選んでいくようにしましょう。

小額の資金でも多額の資金になるのがCFDのレバレッジの大きな魅力と言えます。
しかし、レバレッジの倍率が高くなればなるほど大きなリスクを伴うと言うことにもなりますので高く設定しすぎないように注意して下さい。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP