ミャンマーについて

ミャンマーというと、軍事国家で、外国人があまり市場に立ち入れないイメージが強い方もいるのですが、最近では、ミャンマーの不動産投資も注目されていると言われています。
ミャンマーでの不動産投資は、まだまだ価格が安く、近い将来、さらに値段が上がって行くと言えるでしょう。
その為、タイに比べると、不動産投資の競争はそこまでないものの、長い目で見れば、十分な市場だと言われています。
ただ、どんな不動産投資でも、メリットとデメリットがあります。
特に、海外での不動産投資の場合には、その国の政治、経済、税金制度など、様々な情報を総合して、不動産投資を行う必要があるでしょう。
例えば、日本国内での不動産投資は、金利が低く、安定している分、年数が立つと価値が下がり、損をするケースがあります。
しかし、ミャンマーの投資は、経済が発展するほどに不動産の金利も増え、場合によっては、沢山利益が出る場合もあるのですが、逆に、インフレなどが起これば、日本円が安くなり、その結果、利益がほとんどでない場合もあるでしょう。
このように、ミャンマーは、不動産投資の市場になり得ますが、政治や経済にも、目を向ける事が重要なのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP