マージンコール

CFDは投資です。
投資には、もちろんのことですがリスクが付きまとってしまいます。
利益を得ることだけしか考えずに、リスク管理を適当に行ってしまうと大きな損失を出してCFDから撤退する事になるでしょう。

リスクを管理していく上で、知っておかなければいけないのが「マージンコール」です。
マージンコールは、業者が行ってくれる危険信号だと思えば分かりやすいでしょう。
ある一定の金額以上に損失を出してしまうことになりますと、業者から連絡が届きます。
これ以上、損失を出してしまうと危ない!という連絡です。
この連絡を見て、放置してしまうと大変です。
マージンコールが来たら、直ぐに追加証拠金を入金するなどを検討するようにしましょう。

そのまま、放置と言うことになりますと強制ロスカットされてしまいます。
強制ロスカットだけは避けなければいけないので追加証拠金を入金するのが一般的です。
証拠金維持率が低下してしまうことで、強制ロスカットになりますので証拠金を入金する事によって避けることが出来ます。

マージンコールが来てしまうと言うことは、かなりの危険な状態です。
そこで決済を行うことも1つの手となっていますが含み損なども考えると決済を行うことが出来ない人も多いでしょう。
その為、追加証拠金を入金することで強制ロスカットだけを避けるようにするのが一般的な対策なのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP