ポストFX

最近の投資業界で盛り上がっているのがCFDでしょう。
ポストFXとまで呼ばれているCFD。
と言っても、FXも広義の意味ではCFDの一種なのです。
CFDは「差金売買契約」というもので、売値と買値の差額で取引を行うものです。
その中の外国為替での取引、それがFXという事になるのです。
CFDは「ポストFX」などと呼ばれ、投資業界で大きな注目を集めているのですが、実はポストではなく、そもそもFXがCFDの一種なのですから、ポストFXという表現は実はおかしなものでもあるのです。
そのため、CFDでもFXでおなじみになったレバレッジを利用する事が出来るのです。
FXが一大ムーブメントを起こした背景にあるのは、このレバレッジによるものが大きいものでした。
レバレッジのおかげで少額でも多くの利益を獲得する事が出来るかもしれないものとなったのですから。
反面、レバレッジのおかげでいきなり大きなリスクを背負ってしまう事もあったのです。

FXにせよCFDにせよ、投資である事には変わりありませんから、当然自己責任になります。
誰のせいでもなく、自分自身の責任で行われるものだと認識した上で楽しむものなのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP