ポジションとは

CFDなどの金融取引を行っていきますと頻繁に使われる言葉の1つとして挙げることが出来るのが「ポジション」です。
CFDの話を友人としている時に、ポジションという言葉を利用している人は多いでしょう。

ポジション?と思っている人は、CFDに対する知識をもう少し身につけなければいけません。

ポジションというのは、保有していると言うことになります。
注文を出して、約定した後に保有している状態のことをポジションと呼んでいます。

ポジションにも種類があり「買いポジション」「売りポジション」に分かれています。
買いポジションというのは、買った場合に対するポジション。
売りポジションというのは、買いポジションとは逆で売って保有した時に対してつかわれる言葉です。

ポジションという言葉は、CFDでは頻繁に利用されますので覚えておくようにしましょう。
知識を得るために、CFDについて調べていきますとどのくらいのポジションを持っておけば良い!などの使われ方もしますので覚えておかなければ意味を理解することが出来ません。

CFDに対して深い知識を得るようになりましたら、ロングやショートなどを使ったロングポジションやショートポジションなどの使われ方もします。
最初は分からないことも多いかも知れませんが、しっかりと意味を理解しましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP