よくある失敗談

CFDは、少ない資金で多額の利益を得られる株取引の方法としても知られていますが、CFDをよく理解しないまま、株の取引を始めると、失敗して多額の損失が出る事もよくあります。
例えば、初歩的なミスで言うと、CFDの株を購入したのは良いものの、決済時期がよくわかっていないため、その結果、失敗すると言う事があります。
株はその時によって、値動きがありますから、どのタイミングで株を買って、どのタイミングで売るかどうかは、取引をする上で、とても重要です。
しかし、初心者の場合には、株が上がる事だけを考えて、売りのタイミングを逃してしまう事も多いので、常に上を目指すよりも、自分の中で値動きの予想を立てて、そのあたりの相場までいけば決済をする、と言うように計画を組むと簡単に失敗しにくくなると言えるでしょう。
また、CFDの場合には、リバレッジ率の高い銘柄の方が、利益が簡単にあげられると考える方も多いのですが、リバレッジ率は利益率が高い分、失敗したときの損失も大きいものです。
その為、あまりCFDに慣れていない場合には、リバレッジ率の低い銘柄を扱った方が良い場合もあると言えるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP