いざトレードをする!

CFDで、いざトレードをする事になったら、どんな事に注意したら良いのでしょうか。
CFDは、株価指数、個別株、為替、商品先物、債券など、商品によって、条件やリバレッジ率も異なるので、実際にCFD取引をする時には、色々な条件を総合的に考える必要があります。
例えば、証券会社によって、扱っている銘柄の種類が大きく異なりますし、最大リバレッジ率も、20倍?200倍など、大きな差があります。
リバレッジ率は、少ない金額でも場合によっては、かなりの利益が出るのですが、その分、大きな損失になる可能性がありますから、トレードをする場合には利益だけでなく、デメリットやリスクについても考えておいた方が良いでしょう。
そして、CFDは海外の市場によって、活発な市場や変動率なども異なるので、トレードする国によっても、条件は大きく異なると言われています。
また、景気の流れによっては、株価が大きく値下がりする事もあるので、まだ市場の流れが分かっていない場合には、大金を投資したり、リスクの高い株価を選んでトレードしない方が良いと言えるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP